抹茶で幸せを届けます。Matcha Organic Japanの抹茶づくり【vol.1 田村善之さん 前編】

こんにちは。Matcha Organic Japanの広報スタッフ はるなです。

私たちMatcha Organic Japanは、静岡県島田市鍋島地区でオーガニック抹茶の製造販売を行っています。

今回は、私たちMatcha Organic Japanのメンバーをご紹介していきます!
最初にご紹介するのはこの方です。

 

島田でオーガニック抹茶を生産する「Matcha Organic Japan」の代表

代表の田村善之さん。
東京のアパレルで働いた後、実家の農業を継ぎ、「たむらのうえん」として、お茶やブルーベリーなどを生産しています。

島田市を中心に、静岡県内のイベントで、キッチンカーを出店したりと、カフェメニューを取り扱っています。

オーガニック抹茶を扱う、「MATCHA MORE」のカフェメニューは、ほとんどが田村さんが考案したもの。

Matcha Organic Japanのアイディアマンなんです。

 

会社としての農業。オーガニック抹茶の製造販売で自らをビジネスモデルに。

「オーガニック抹茶の製造販売を通して、自らビジネスモデルになること」
オーガニック抹茶を作る最大の理由です。

Matcha Organic Japanは、島田市内の耕作放棄地5箇所(2019年11月現在)を使ってオーガニック抹茶を育成しています。

というのも、いまだに「農家=実家を継ぐ」という概念の農業の世界。

自らがやりたい!と思って始める「農家=ひとつの就職先」としてのモデルを作りたいと考えています。

鍋島地区にある、Matcha Organic Japanが経営するカフェ「MATCHA MORE」のそばにも、育成中の茶畑があります。

お茶が収穫できるようになるまで、数年かかりますが、未来を見据えた仕事は、考えただけでワクワクします。

茶畑では、スタッフが季節の農作業をしていますので、MATCHA MOREにお越しの際はぜひご覧になってください。

続きは後編へ👉

 

 

Matcha Organic Japanの最新情報は、facebookへ👉

お問合せ
TEL:080-1183-3419
FAX:0547-53-2160
MAIL:55nooca@gmail.com

MATCHA MORE
営業日:土曜、日曜
時間:11時~16時
場所:静岡県島田市身成1467-2